今川 賢一郎ドクター

今川 賢一郎ドクター

経歴

1990年にカリフォルニア、サクラメントのDr.G.Seeryに植毛・スカルプリダクションを、1992年ロスのDr.T.Mayerに植毛・フラップの指導を受け、その後多くの植毛医達と交流している。
世界最大の植毛医の団体である国際毛髪外科学会の設立会員(1994年)、2003年度の人工毛特別委員会(Ad Hoc Committeeon Artificial Fibers)、2006年度以降のPro Bono委員会のメンバーでもある。
また日本人で初めてアメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)に2006年に認定された。

主な業績は

  • ・ 日本人医師で初めてマイクロ植毛・FUTについての発表
  • ・ 日本人におけるドナーの密度・毛根の比率の分析
  • ・ 日本人の植毛の先駆者の著書の紹介・全英訳 など

植毛のバイブルとされている医学書Dr.M.Unger・Dr.R.Shapiro編の「Hair Transplantation 4版 Marcel Dekker」の執筆陣に選ばれ、「Hair Transplantation in Asian Patients:東洋人の植毛」の章を担当。
2010年には英文の医学書「Hair Restoration Surgery in Asians」を執筆しSpringer社より出版された。

 

得意分野

  • ・ FUTによる多量植毛術(メガセッション)
  • ・ FUE
  • ・ 人工毛植毛、フラップ手術の修正
  • ・ 他院の不満症例の修正
  • ・ 傷あとへの植毛(フェイスリフトなど)
  • ・ 新しい生え際のデザイン(広すぎる額、深すぎるそり、ニューハーフの植毛)
  • ・ 女性の薄毛や脱毛、まつ毛、まゆ毛、アンダーヘアのへの植毛

経歴・会員

  • 1974年  慶応義塾大学医学部卒業
  • 1982年   医学博士(慶応義塾大学)
  • 1985年~ 医療法人 横美会 院長 兼 理事長
  • アメリカ毛髪外科認定医(ABHRS)
  • 国際毛髪外科学会(ISHRS)フェロー会員
  • ・2003年  ISHRS 人工毛特別委員会メンバー
  • ・2006年~ ISHRS ProBono委員会メンバー
  • ・2007年  ISHRS Regional Workshop プログラムディレクター
  • アジア毛髪外科学会(AAHRS)理事
  • イタリア毛髪学会(ISHR)会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)評議員
  • 国際美容外科学会(ISAPS)正会員
  • 日本形成外科学会(JSPRS)会員
  • 国際皮膚外科学会(ISDS)会員
  • 日本美容医療協会理事

受賞

  • 2001年  イタリア毛髪学会より アルキメデス賞受賞
  • 2002年  イタリア毛髪学会より ミケランジェロ賞受賞
  • 2003年  イタリア毛髪学会より ローマ賞受賞
  • 2004年  イタリア毛髪学会より ピーク賞受賞
  • 2004年  国際毛髪外科学会より 特別賞受賞(日本人の植毛パイオニアの論文を英訳)
  • 2006年  イタリア毛髪学会より 地中海賞受賞
  • 2007年  イタリア毛髪学会より シーザー賞受賞
  • 2010年  イタリア毛髪学会より ティベリオ賞受賞
  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*